トナカイの角

 トナカイの角とは?

 

トナカイの角は、トナカイというシカ目の草食動物に生えている角のことであり、ペニス増大サプリの原材料として広く利用されています。

 

トナカイといえばサンタクロースのソリを引く動物として有名ですが、その由来からも分かるように来たの寒い地域に生息しており、主に北極圏に多く分布しています。

 

日本語のトナカイの由来はアイヌ語であり、現在は日本には生息していませんが、アイヌ人はトナカイを知っていた可能性があります。

 

北米ではカリブーとも呼ばれ、古くから家畜化されてきた動物でもあります。特に北極圏などの寒い地域に住む民族にとって、寒さに強く、生命力の高いトナカイは大切な存在として大切にされてきました。

 

近年、このトナカイの角の成分がペニスの増大に関わってくることが判明し、さまざまなサプリメントに利用されるようになりました。

 

 トナカイの角の効能効果で注目すべき点はアルギニンによる成長促進と血流増大

 

トナカイの角が増大サプリの原料として注目されたのは、豊富に含まれるアルギニンがサイズアップに直結する成分であることが判明したからです。

 

アルギニンはアミノ酸の一種ですが、成長ホルモンの分泌を促すとともに血流を増大させる効能があります。同じくアルギニンを豊富に含む材料としては植物のマカやクラチャイダムが有名です。それらが世界中で評価されていることからも分かるように、アルギニンを豊富に含むことがトナカイ角が重用されている理由となっています。

 

しかし、以前はトナカイ角は今ほど注目されていませんでした。その代わりに珍重されていたのが同じシカ目の動物であるシカの角です。鹿の角は漢方薬としてとても有名ですが、その分高価な材料となります。

 

しかし、同じシカ目の動物のトナカイの角については商業的に利用される機会が少なく、安価に手に入れることができたのです。もちろん同じシカ目の動物ですから角に含まれる成分も同等のもの。このため、コストパフォーマンスが高いということが分かって一気に利用されるようになったという経緯があります。

 

いずれにせよ、増大サプリにおいては動物性原料と植物性原料をバランス良く接収することが大事であるという指摘もありますので、マカやクラチャイダムと同時配合されているトナカイの角を含む製品を見つけたなら、それはアルギニンの効能効果を実感できる可能性が高いと判断しても良いでしょう。

 

ゼファルリン

バリテイン

ベクノールEX

 

 

 

L-シトルリン、L-トリプトファンに加え、30種類以上もの天然有効成分を配合。


割引特典はこちら

 

 

L-シトルリンやL-アルギニンに加え、3種類のカプセルに100種類以上の成分を配合。


割引特典はこちら

 

 

GHリリーザー、オクタコサノールを配合し、非常に飲みやすいのが特長。


割引特典はこちら