ペニスを太くする「増大手術」

小さいあそこを大きくするための最終的手段として存在するペニスの増大手術。この手術にもいくつかの種類があるということはこれまでにご説明したとおりです。今回は、ペニスをサイズアップするための手術法である増大手術についてご紹介します。

 

ペニスをサイズアップするための増大手術では、ペニスを長くするというよりも、太さを増して全体的な大きさを増加させるというものになります。そのために、ペニスの周囲に注射を行い、ボリュームアップを図ります。その際に注入されるもののことを注射剤というのですが、注射剤にはもちろん人体に無害なものが使われます。

 

この増大手術を分かりやすくイメージするためには、女性の豊胸手術を想定すると良いかもしれません。ただし、ペニスは伸縮するという性質があるので、女性の豊胸手術よりもさらにデリケートな技術が必要。このため、手術の費用も高くなっています。

 

 気を付けておきたいこと。増大手術の効果は永久的なものではない

 

ペニスの増大手術を検討する上で注意しておきたいのは、この増大手術の結果はほとんどの場合永久的なものではなく、一時的な効果しか望めないということです。

 

というのも、ペニスは伸び縮みするため、人工の伸び縮みしない物質は注入する訳にはいきません。無理な注射剤を注入してしまうと、男性機能を損なう可能性があります。

 

このため、ペニスの増大手術では注射剤としてコラーゲンやヒアルロン酸などが主に使われます。これらは元々人体に存在する成分なので、安全性が高く安心できます。その反面、時間が経つと自然と吸収されて消滅してしまい、せっかくサイズアップした効果もなくなってしまうのです。

 

なくなるまでの期間は使用する注射剤や個人の体質によって変わりますが、長くても数年という場合がほとんど。そして手術代は10万円前後から数十万円という費用が必要です。こういった問題を克服するために、増大手術に使われる注射剤はより良いものの開発が続けられていて、最近では半永久的に吸収されず、かつ安全性の高いものも使われるようになってきました。

 

ですが、相対的に判断するとペニスを太くするための増大手術はまだ発展途上にあるといわざるを得ない状態。ですので、「今すぐにサイズアップする必要がある」という人以外は慎重に検討すべき手術だと僕は考えています。

 

ゼファルリン

バリテイン

ベクノールEX

 

 

 

L-シトルリン、L-トリプトファンに加え、30種類以上もの天然有効成分を配合。


割引特典はこちら

 

 

L-シトルリンやL-アルギニンに加え、3種類のカプセルに100種類以上の成分を配合。


割引特典はこちら

 

 

GHリリーザー、オクタコサノールを配合し、非常に飲みやすいのが特長。


割引特典はこちら