屈曲ペニスは手術できる?ペニス増大に関係も

 屈曲ペニスとは?

 

屈曲ペニスとは、勃起時にペニスが真っすぐにならず、不自然な形に曲がっているペニスのことを指します。

 

単に少し左に傾いているだけなのであれば、そう気にするほどではないと思いますが、ペニスの真ん中あたりから急に向きが変わっていたり、S字になっていたりする場合は問題です。

 

大きく変形していると見た目も悪く、たくましい印象を与えづらいですよね。

 

そして、大きく屈曲しているペニスは挿入が困難になったり、パートナーに痛みを与えてしまう可能性があります。
女性の膣は真っすぐなので、そもそも曲がったものを挿入するのに向いていないのです。

 

毎回女性が不満を感じていたらセックスレスの原因になったり、男性側も自信を持てずにEDになってしまったりしますよね。
ですので、屈曲が深刻な場合は早期に治療する必要があります。

 

 屈曲ペニスは手術可能!?

 

屈曲ペニスは手術で治すことが可能です。

 

ペニスの皮の部分と海綿体との間にある、「白膜(はくまく)」と呼ばれる部分を糸で引っ張って曲がりを修正したり、剥離することによってペニスを真っすぐにできます。

 

ただ、屈曲ペニスの手術は比較的難易度が高く、昔はできる医者が少なかったです。
現在では対応している医院も増えてきているので、屈曲ペニスの手術が可能なクリニックに相談してみるといいでしょう。

 

また、屈曲ペニスの治療には勃起時の診断が必須になります。勃起させた状態で手術箇所を決めないと真っすぐにすることができないからです。

 

ですがお医者さんの前で勃起させるのは少し抵抗がありますよね。そんなときには自分のペニスを写真にとって見せる方法も使えます。

 

まずは画像で手術した方がいいのか、それともしない方がいいのか、判断してくれる病院もあるので、まずは相談してみるのが先決です。

 

手術時間は30分から数時間で、日帰りですることが可能です。

 

 屈曲ペニスを治療すればペニス増大に繋がる

 

屈曲ペニスを治療することは、ペニスを大きくすることにも繋がります。
曲がったペニスが真っすぐになれば、当然その分長さは増しますし、見た目も大きくなったように見えます。

 

曲がっていたせいで小さいと思っていたペニスが、治療後に実はかなりの大きさで本人もびっくりすることがあるそうです。
屈曲が治っただけでなく、見た目も大きくたくましくなれば、セックスにも自信がもてますよね。

 

ですので、ペニスの屈曲で悩んでいる人は、増大を考えるよりもまずは屈曲を治療することを第一に選択することをオススメします。

 

ゼファルリン

バリテイン

ベクノールEX

 

 

 

L-シトルリン、L-トリプトファンに加え、30種類以上もの天然有効成分を配合。


割引特典はこちら

 

 

L-シトルリンやL-アルギニンに加え、3種類のカプセルに100種類以上の成分を配合。


割引特典はこちら

 

 

GHリリーザー、オクタコサノールを配合し、非常に飲みやすいのが特長。


割引特典はこちら