睾丸(こうがん)

 睾丸(こうがん)とは?

 

睾丸とは動物の雄生体が有している生殖器を指すもので、精巣が正式な医学用語となります。俗な言葉では金玉と呼ばれますので、知らない方はいない存在だともいえるでしょう。

 

この睾丸はペニス増大サプリの原材料として利用されることが多くあり、様々な動物の睾丸が利用されています。主に利用されるのは牛、馬、豚といった動物の睾丸。こう聞くと、下手物嫌いの方にとってはあまり好ましくないかも知れませんが、食材として睾丸を見た場合、貴重なタンパク質であるヌクレオプロテインやプロタミンを含み、さらにはDNA(デオキシリボ核酸)の含有量が非常に高いことから、高い価値が認められています。

 

実際に牧畜を行ってきた地域では家畜の睾丸を使った料理は当たり前のように提供されており、名物料理になっている国もあるほど。

 

日本でも沖縄では山羊の睾丸を使った料理が有名ですし、タラやフグの白子も美食家から絶大な人気を集めています。サケに含まれる白子も睾丸の一種、つまり精巣であり、特にDNAが多く含まれることからデオキシリボ核酸のサプリメントの原材料として現在主に使われています。

 

 睾丸(こうがん)はペニス増大サプリには必須の材料

 

睾丸は多くのペニス増大サプリに利用されていますが、それも睾丸が有する豊富な精力増強成分の効果が認められているからです。

 

トンカットアリ、マカ、カツアーバ、ムイラプアマなどの植物性原料が薬草として珍重されてきたように、様々な動物の睾丸についても古来から精力増強剤として利用されてきました。

 

一般に多くの国や地域で昔から利用されてきた薬膳用の食材には科学的な効果が後から証明されることが多いように、睾丸についてもその効能効果が解明され、主に睾丸に含まれるタンパク質やDNAの影響が強いことが明らかになっています。

 

また、漢方薬の材料としても扱われますがそれ以外でも中国では薬膳料理として非常に高い人気があります。中国では「同物同治」という考え方が広く普及しています。

 

この考え方は、体の悪い部分を直すには同じ部分を摂取して栄養を取ることが大切だというもの。例えば肝臓の病気がある場合にはレバーを、心臓が弱い場合にはハツを、筋力が欲しい時には赤身肉を食べるという考え方です。

 

これは理に適ったものであり、体を治療したり強化するために同じ部分の材料を摂取することは、それを構成する成分を摂取するということなので、結果に繋がりやすいということも科学的に証明されています。

 

このような考え方や効能効果が認められているからこそ睾丸は多様なサプリメントに利用されています。特に増大サプリの中でも動物性原料を重視している製品には必ずといっていいほど含まれているので、下半身を強化したいという方は利用してみるのも良いかもしれませんね。

 

ゼファルリン

バリテイン

ベクノールEX

 

 

 

L-シトルリン、L-トリプトファンに加え、30種類以上もの天然有効成分を配合。


割引特典はこちら

 

 

L-シトルリンやL-アルギニンに加え、3種類のカプセルに100種類以上の成分を配合。


割引特典はこちら

 

 

GHリリーザー、オクタコサノールを配合し、非常に飲みやすいのが特長。


割引特典はこちら