ヒハツ

 ヒハツとは?

 

ペニス増大サプリに利用されているヒハツとは、コショウ科のツル性植物です。コショウ科の植物ですので、その実は胡椒と同じような風味があり、自生している地域ではスパイスとしても利用されます。

 

ヒハツの主な有効成分は豊富なビタミンやミネラル類を挙げることができますが、その中でも特にサプリ用の成分として注目されているのがピペリン。ピペリンはヒハツだけでなく胡椒や唐辛子などの香辛料に含まれる成分ですが、ヒハツのピペリンは良質で豊富に含まれているのが特徴。

 

このピペリンは体を温める効果があるのですが、同時に血液の流れをスムーズにしてくれます。そうするとペニスへの血液流入が促進され、サイズアップに寄与するという効能を発揮します。

 

また、ピペリンにはダイエット効果や薄毛や抜け毛、ハゲ対策にも効果があるとされ、貧血の改善や疲労回復にも役立ちます。

 

 ヒハツは温帯・亜熱帯地域で広く分布しているコショウ科のツル植物

 

ヒハツは元はヨーロッパに自生していたといわれていますが、歴史の早い段階で世界中に広まり、現在では主に東南アジアで生産・消費されています。特にインドは香辛料大国であることもあり、ヒハツについても世界の生産量の1/3ほどを占めるにいたっています。

 

このため、増大サプリの材料として見た場合はコストも安く使いやすいということになります。そういう事情もあって、今では多くのペニス増大サプリメントの材料として利用されています。

 

 ヒハツの効能効果で注目すべき点は血行促進によるED改善

 

ヒハツは体を温め、血管を拡張して血行を促進するため、男性機能の回復に良いとされています。また、実は冷え性というのは男性機能の発揮に悪影響をもたらすのですが、ヒハツはその冷え性も改善してくれるため、サイズアップ効果の底上げが期待できます。

 

もちろんですが、ヒハツ単体ではシトルリンやアルギニンのような劇的な効果や効能は期待できませんし、ヒハツを主体とした増大サプリが作られることもないでしょうが、現在主流となっている有効成分を側面から支援する材料としては非常に優れているといえるでしょう。

 

もしも利用しようとする増大サプリにヒハツが使われていたら、冷え性の改善を含めサイズアップへの期待値が上がるということです。特に多種の材料を使うタイプの増大サプリには含まれている可能性が高いので、ヒハツが気になる方は一度原材料欄を確認してみると良いでしょう。

 

ゼファルリン

バリテイン

ベクノールEX

 

 

 

L-シトルリン、L-トリプトファンに加え、30種類以上もの天然有効成分を配合。


割引特典はこちら

 

 

L-シトルリンやL-アルギニンに加え、3種類のカプセルに100種類以上の成分を配合。


割引特典はこちら

 

 

GHリリーザー、オクタコサノールを配合し、非常に飲みやすいのが特長。


割引特典はこちら